足利市鵤木町の内科|いかるぎ町内科クリニック|健康診断 健診

★土曜日の午後は14:30~17:00
診療時間
09時-12時
15時-18時
0284-22-7285
健康診断

健康診断

健康診断について

年に一度は健診を受けましょう

健康の保持増進のためには、バランスのとれた食生活や適度な運動、十分な睡眠などのセルフケアがとにかく大切ですが、定期的な健康チェックも欠かすことはできません。

当院では、「特定健診」をはじめ、労働安全衛生法に基づく「雇入時の健診」や「定期健診」などのほか、各種「自費健診」に応じておりますので、お気軽にご相談ください。

自分自身の健康状態についてきちんと知り、適切な健康管理をするために、各種健診を上手に役立ててください。年に一度は、健診を受けましょう。

また、当院では、会社や自治体の健康診断などで「異常」を指摘された方の再検査・診察にも応じております。

足利市の特定健診

メタボリックシンドローム*(内臓脂肪症候群)に着目した生活習慣病予防のための健康診査です。足利市の国民健康保険の加入している40歳から74歳までの方を対象に実施します。また、後期高齢者医療制度に加入している方は健康診査を実施します。

*メタボリックシンドローム
内臓脂肪型肥満(へその高さの腹囲が男性85cm以上、女性90cm以上)があり、高血圧、高血糖、高脂血症のうちの2つ以上が重なっている状態を「メタボリックシンドローム」と言います。
メタボリックシンドロームの患者さんでは、血圧、血糖、脂質などの値がそれほど大きな異常でなくても、それらが重なることによって動脈硬化が進行しやすくなり、心血管事故(心筋梗塞や脳血管障害など)の危険率を高くすることが知られています。

対象者

40歳から74歳の方(昭和16年4月1日~昭和51年3月31日生まれ)

雇入時健診・定期健診

雇入時健診

事業者は、常時使用する労働者を雇い入れる際は、その労働者に対して、下記の項目について、医師による健康診断を行わなければなりません(労働安全衛生規則第43条)。

  • 既往歴、業務歴の調査
  • 自覚症状、および他覚症状の有無の検査
  • 身長、体重、視力、聴力の検査、および腹囲の測定
  • 胸部X線検査
  • 血圧の測定
  • 貧血検査(血色素量、赤血球数)
  • 肝機能検査(ALT、AST、γ-GTP検査)
  • 血中脂質検査(LDLコレステロール、HDLコレステロール、血清トリグリセライド)
  • 血糖検査(空腹時血糖、またはHbA1c)
  • 尿検査(尿中の糖、および蛋白の有無の検査)
  • 心電図検査
定期健診

事業者は、年に1回(深夜業や坑内労働などの特定業務従事者は年2回)以上、定期的に下記項目の健康診断を行わなければなりません(労働安全衛生規則第44条)。

  • 既往歴、業務歴の調査
  • 自覚症状、および他覚症状の有無の検査
  • 身長、体重、視力、聴力の検査、および腹囲の測定
  • 胸部X線検査、および喀痰検査
  • 血圧の測定
  • 貧血検査
  • 肝機能検査(ALT、AST、γ-GTP検査)
  • 血中脂質検査(LDL コレステロール、HDLコレステロール、血清トリグリセライド)
  • 血糖検査(空腹時血糖、またはHbA1c)
  • 尿検査(尿中の糖、および蛋白の有無の検査)
  • 心電図検査

※身長・腹囲、胸部エックス線、喀痰、貧血、肝機能、血中脂質、血糖、心電図の各検査については、医師が必要でないと認めた場合には、省略することができます。

自費健診

何ら症状が無い時に、健康診断を目的として検査を受ける場合は、健康保険は使えないため、「自費診療」となります(検査項目は自分で選択することができます)。

※自費健診の結果、何らかの病気が発見されたような場合は、その病気の診療には健康保険が使えます。

自費健診説明

定期健診や特定健診での検査に加えて、当院では以下の検査によって、より詳しくお身体の状態を調べることも可能です(表示価格はすべて税込みです)。

血管年齢測定(CAVI検査)
検査費用:1,500円
動脈硬化の進み具合(硬さと詰まり具合)が分かります。
さらに頚部超音波検査(検査費用:2,000円)を追加することで血管内の状態を画像でも確認できます。
肺年齢測定(スパイロメトリー検査)
検査費用:1,500円
COPD(慢性閉塞性肺疾患)や気管支喘息などの診断に有用です。
タバコを現在お吸いの方や、以前吸っていた方、ご家族がタバコを
吸っている方に特にお勧めします。
血中ヘモグロビンA1c濃度測定
検査費用:500円
空腹時の血糖測定では見逃される糖代謝の異常が評価できます。
食後2時間ほどでの血糖値を測定(検査費用:100円)すること
も有用です。
尿中アルブミン・クレアチニン比測定
検査費用:1,200円
通常の尿検査では検出出来ない微量の尿中蛋白質を測定することで、生活習慣病による腎機能障害の程度を発症早期から評価できます。
骨密度測定
検査費用:1,500円
X線を用いた骨密度測定と問診を組み合わせて行い、骨粗鬆症の有無や、将来の骨折の危険性を評価できます。
腹部超音波検査
検査費用:3,500円
X線を使用せずに肝臓、膵臓、腎臓などの腹部臓器の状態を画像で確認できます。
胸部X線検査
検査費用:2,100円
肺などの胸部臓器の状態を画像で確認出来ます。タバコを現在お吸いの方や、以前吸っていた方、ご家族がタバコを吸っている方に特にお勧めします。
胃がんABC検診
検査費用:4,500円
ABC検診は、二つの血液検査を組み合わせることで胃がんのかかりやすさ(リスク)を推測する検査です。ヘリコバクターピロリIgG抗体検査でピロリ菌感染の有無を調べます。ペプシノゲン検査では、胃粘膜萎縮度を調べます。その二つの結果を組み合わせて胃がんのリスクをA,B,C,Dの4群に分類します。結果Aは正常で、B < C < D とリスクが高くなります。
2


以下の場合には、正しい結果が得られない可能性がありますので、医師にご相談下さい。

  1. 明らかな上部消化器症状(痛み、もたれ、吐き気など)のある方
  2. 食道、胃、十二指腸疾患で治療中の方
  3. 胃酸分泌抑制薬 (プロトンポンプ阻害薬) 服用中もしくは2ヶ月以内に服用していた方
  4. 胃切除手術をされた方
  5. 腎不全の方 (目安として、クレアチニン3mg/dL以上)
  6. ヘリコバクターピロリ菌の除菌治療を受けた方

更に詳しくお知りになりたい方は、SRL社ホームページをご参照下さい。
ご希望の検査を組み合わせて行うことができます。検査内容、予約方法などお気軽にご相談下さい。