足利市鵤木町の内科|いかるぎ町内科クリニック|糖尿病

★土曜日の午後は14:30~17:00
診療時間
09時-12時
15時-18時
0284-22-7285
糖尿病

糖尿病

糖尿病

日本人成人のおよそ4人に1人

糖尿病

現代の日本人の食生活では、脂質や糖質を豊富に含み、食物繊維などが少ない欧米からの食べ物が定着し、口にする機会が増えております。また、交通機関の発達により、慢性的な運動不足の状態の方も多くなっております。

このような生活習慣の変化により糖尿病を発症する患者さんが年々増加しています。

厚生労働省の調査によると国内の糖尿病患者数は約950万人と推定されています(2012年国民健康・栄養調査)。ところが同じ調査で、それらの患者さんのうち約65%しか治療を受けていないことが報告されています。また、日本人成人のおよそ4人に1人(2050万人)が「糖尿病」または「糖尿病予備軍」であるとも言われております。ご自分が糖尿病予備軍や糖尿病であることに気付かないでいる人や、気付いていても生活習慣の修正や医療機関受診を行わない人が、いかに多いかがわかります。

糖尿病とは

糖尿病とは、ブドウ糖が血液の中に増えすぎてしまう病気です。ブドウ糖の血液中の濃度(血糖値)を調整しているインスリンというホルモンの分泌量が減少することや、身体のインスリンへの反応性が低下することによって血液中のブドウ糖がブドウ糖を蓄える臓器(肝臓や筋肉など)に取り込まれにくくなり、血糖値が上昇します。血糖値が高い状態が続くと全身の動脈硬化が進行します。また、空腹時の血糖値が正常で、検診では正常と判断されていても食後には高い値となっている方もおり、最近はこのような血糖値の乱高下が血管を傷つけることも明確となり、24時間を通して血糖値とその変動幅を安定させることの重要性が認識されております。また、血糖値がきわめて高い状態になると、糖尿病性ケトアシドーシスや非ケトン性高浸透圧性昏睡という命にかかわる非常に危険な急性合併症に至ることもあります。

糖尿病の症状・合併症

糖尿病は、病状が進行し、様々な重要臓器の障害が起こるまで自覚症状が出ないことも多く、気がついたときには失明、神経障害、腎不全、心筋梗塞、脳梗塞などの重篤な合併症を併発し、取り返しのつかない状態になってしまうことも稀ではありません。

また糖尿病では癌の発生率が高いことも報告されています。以上のようなことから糖尿病を放置した人は健康な人より寿命が約10年短いことがわかっています。

このように糖尿病は恐ろしい合併症に繋がる危険性がありますが、早期に糖尿病を発見し、生活習慣の改善や適切な治療を行うことによって合併症の進行を遅らせれば今までと変わりなく健康に生活することができます。

当クリニックでは、患者さんの生活スタイルなども考慮した上で治療方針を決定しており、また、治療を行うだけでなく、定期的に合併症の徴候が現れていないか検査での確認も行っております。